SR協会
SPACE ROCK ASSOCIATION
スペースロック(SR-1)工法  NETIS NO,KK-010054
スペースロック(SR-2)工法  NETIS NO,KK-020058-V
スペースロック SR-LG工法  NETIS NO,HK-120037-A
   ARIC NO,1073
スペースロック(SR-1)工法 スペースロック(SR-2)工法 スペースロック SR-LG工法 SR協会について お問い合わせ
HOME
スペースロック(SR-1)工法の特長
SR-1工法とはSR-1工法の特長SR-1工法の用途施工実績
空隙の充填や空洞の埋め戻し、軟弱地盤上での盛土工事など、従来の気泡混合軽量土では困難であった現場において、施工を可能にする種々の優れた特長を有しています。
  1. 工期を短縮する事が可能です。
  2. 打ち継ぎ時間を短縮する事が可能です。
    (1日当りの施工高さを高くできます)
  3. 圧密が軽減されるため品質が安定しています。
  4. 目的箇所への限定注入が可能となります。
  5. 側圧が軽減されるため簡易な型枠での施工が可能です。
  6. 工事場所の早期開放が可能です。
  7. 注入材料の逸出が少なくなります。
  8. セメント系のため無公害です。
photo
施工例
スペースロック(SR-1)工法は気泡の消失、自重による圧密、側圧の軽減が可能ですので施工場所を選ばず、施工時間を大幅に短縮できます。
<施工例-1>
幅1メートル、施工高さ3メートルの空隙充填
工法 施工材料 施工期間
スペースロック
(SR-1)工法
スペースロック:3m3 30分
従来法(SS) 普通モルタル:3m3 3日
図1
<施工例-2>
幅1メートル、施工高さ10メートルの空隙充填
工法 施工材料 施工期間
スペースロック
(SR-1)工法
スペースロック:10m3 100分
従来法(SS) 普通モルタル:10m3 10日
図2
PAGEUP
Copyright (c) SPACE ROCK ASSOCIATION 2010. All rights reserved. SR協会 SPACE ROCK ASSOCIATION