SR協会
SPACE ROCK ASSOCIATION
スペースロック(SR-1)工法  NETIS NO,KK-010054
スペースロック(SR-2)工法  NETIS NO,KK-020058-V
スペースロック SR-LG工法  NETIS NO,HK-120037-A
   ARIC NO,1073
スペースロック(SR-1)工法 スペースロック(SR-2)工法 スペースロック SR-LG工法 SR協会について お問い合わせ
HOME
スペースロック(SR-2)工法の特長
SR-2工法とはSR-2工法の特長SR-2工法の用途施工実績
地下水のある空隙の充填や空洞の埋め戻し、トンネルの裏込め注入などにおいて、注入後の地下水による材料分離や施工中のエア量管理、打設後のエア量低減などの課題を解決することで、今まで困難であった現場での充填工事を可能とする優れた特長を有してます。
  1. 瞬時に可塑性を有し、限定注入に適しています。
  2. 地山の微小な亀裂やコンクリートのひび割れなどへ、逸脱しづらく効率的な注入が可能です。
  3. 水に対する材料分離抵抗性が大きく、均一で安定した品質、強度が得られます。
  4. 材料分離が少なく、長距離圧送が可能です。
  5. エアモルタルのため比重は軽量です。
  6. 無機系のため、無公害です。
亀裂漏洩性試験
photo 模擬亀裂からの材料逸脱が少ない
水中打設試験
photo 水に希釈されず材料分離抵抗性が大きい
PAGEUP
Copyright (c) SPACE ROCK ASSOCIATION 2010. All rights reserved. SR協会 SPACE ROCK ASSOCIATION