SR協会
SPACE ROCK ASSOCIATION
スペースロック(SR-1)工法  NETIS NO,KK-010054
スペースロック(SR-2)工法  NETIS NO,KK-020058-V
スペースロック SR-LG工法  NETIS NO,HK-120037-A
   ARIC NO,1073
スペースロック(SR-1)工法 スペースロック(SR-2)工法 スペースロック SR-LG工法 SR協会について お問い合わせ
HOME
スペースロック(SR-2)工法の用途
SR-2工法とはSR-2工法の特長SR-2工法の用途施工実績
スペースロック(SR-2)工法は可塑性エアモルタルなので、湧水などで施工の難しかった現場でも、空隙部に可塑性エアモルタルを注入し地盤と構造物を一体化することにより、構造物や地盤の安定化を図ることができます。
  1. トンネルの裏込め注入
  2. 河川構造物基礎の充填補強
  3. その他、湧水等で従来のエアモルタルで注入出来なかった空隙等の充填等
注入フロー図
所定量のセメント、充填材、水よりなるモルタルと、発泡機により起泡した泡を混合して、エアモルタルを調整します。
これと、可塑化材である“SRP-L”とを各々ポンプにより圧送し、注入口で合流混合させながら、空洞内に注入します。
<SR-2 注入フロー図>
photo
注入施工写真
photo photo
PAGEUP
Copyright (c) SPACE ROCK ASSOCIATION 2010. All rights reserved. SR協会 SPACE ROCK ASSOCIATION