SR協会
SPACE ROCK ASSOCIATION
スペースロック(SR-1)工法  NETIS NO,KK-010054
スペースロック(SR-2)工法  NETIS NO,KK-020058-V
スペースロック SR-LG工法  NETIS NO,HK-120037-A
   ARIC NO,1073
スペースロック(SR-1)工法 スペースロック(SR-2)工法 スペースロック SR-LG工法 SR協会について お問い合わせ
HOME
スペースロックSR-LG工法の特長
SR-LG工法とはSR-LG工法の特長SR-LG工法の用途施工実績

再生資材による背面空洞充填工法

photo
特長
  1. 超長距離の圧送可能(実績:4,000m)
    • 可塑性グラウト材は非エアー系のため、長距離圧送が可能です。
      坑外プラントの建設に不都合な立地やアジテータ車が使えない小断面トンネルにも対応できます。

  2. 坑外プラントでの施工可能
    • 主材、可塑化材(液体)を坑外プラントより圧送可能。
    • 主材は長時間単体での硬化をしないため、圧送中のトラブルが少ない。

  3. 環境に優しい
    • フライアッシュを利用することで、資源の有効利用になります。
      ※政府グリーン購入法の観点に基づき地球環境を意識した再生資源配合による背面空洞充填を実現しました。

  4. 高品質を確保
    • 覆工コンクリートの亀裂や隙間からの漏出を抑え、空洞を隅々まで充填し構造物と一体化することで耐久性を高めます。
    • 高い水中不分離性を示し、流水中での作業も容易にできます。
    • 湧水や溜まり水・流水のある現場に最適な工法です。
    • 道路・導水路トンネルを問わず広い分野での背面空洞充填を実現します。

  5. 作業環境の改善
    • 坑外にプラント設置することや可塑材が液体であることから、坑内作業での粉塵等の発生が少なく押さえられます。

  6. 安全性の向上とライフサイクルコストの削減
    • 構造物の強度や耐久性が向上することで、利用者の安全を担保し構造物のライフサイクルコストの削減へとつながります。
photo

4,000m圧送試験
photo

全自動プラント
photo

水中分離抵抗性試験
水に希釈されず材料分離抵抗性が大きい
photo

フロー試験
PAGEUP
Copyright (c) SPACE ROCK ASSOCIATION 2010. All rights reserved. SR協会 SPACE ROCK ASSOCIATION